カーテン 広告

ありそうでなかったカーテンレール

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

いつもブログにアクセスして頂き
ありがとうございます。
今までカーテンレールやカーテンについて
カーテンを選ぶ際の注意事項やカーテン
レールを選ぶ時はこういう風にした
方がいい!
過去記事はこちら
装飾レールとエアコンの関係

カーテンとカーテンレールは一緒に決める事

本当に遮光カーテンが必要ですか?

とか書いてきましたが、今回はそういう風
に考えるのがもうジャマくさくて面倒だ!
と言う人にはうってつけの商品をご紹介
したいと思います。
今まで無かったのが不思議なくらいで、
考えてみると便利かも?と言う商品です。
その名も「カーテンレール付窓枠」
そのままやんけ!
というツッコミが聞こえてきそうな名称です。
まぁその名のとおりです。
カーテンレール付窓枠.jpg
注文住宅を建てる時にはびっくりするぐらい
決めないといけない事が山ほどあります。
壁紙はもちろん、扉の取っ手の形状や色、
ダウンライトの大きさ、コンセントの高さ
挙げればキリがありません。
そういう中でもう窓枠の色を決めると
自動的にカーテンレールも付いてくると
決めることが一つ減りますね。
カーテンレールは基本的には家が完成
してから注文する商品です。
その時にカーテンレールの形状、色、種類、
長さ、下地の有無これらの内容を
決めなければいけません。
これを窓枠を決める時に一緒に決める
事が出来るのです。
ちょっとだけ気が楽になると思いませんか?
でも、この窓はシェードにしたいと
思ってるんやけど?
と言う人もいるでしょう。このレールは
シェードやロールスクリーンにも対応
しています。
シェードを付けた時のイメージ
シェード.jpg
シェードやロールスクリーン等のメカを
付ける際は下記のような取付金具を使います。
シェード用金具.jpg
これでメカの取付が出来ます。
また、リビングにはカーテンBOXを付けて
高級感を出したいと思ってるんやけど?
と言う方もいると思います。
そういう方にはオプションでバランス
(カーテンBOXのようなカバー材)
を取付できるようになっています。
バランス.jpg
色は全部で6種類から選べますので、
お部屋のイメージに合わせて選ぶことが
出来ます。
現場でカットも出来ますので、クローゼット
扉やエアコンの取付位置と干渉する場合は
取付する際に長さの調整が出来ます。
これがあれば後はカーテンを選ぶだけなので
時間の短縮にもなります。
しかし、カーテンレールにデザイン性や特徴を
持たしたい方には不向きなのでおススメ
しません。
時間の短縮やまだ用途の決まってない部屋
などには有効な商品だと思います。
ぜひ一度ご検討してください。
今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。